株式投資は楽しいもの

p>株式投資の場合、上場している会社約3500銘柄から選んで買わなければいけません。

ですので株の取引をはじめると新聞の読み方も変わりますし今まで興味がなかったような事にも自然と興味が出てくるようになります。

株式のチャートを見るためには少し勉強も必要ですが、ファンダンメンタル分析なら、証券会社のツールには銘柄を選ぶスクリーニング機能が必ずありますから証券会社のツールを色々と使ってみることをオススメします。

株を持っていると楽しみが増える

インターネットの株にかんする口コミサイトなども見ていて面白いですし、盛り上がっている会社の株価は上がる可能性があるので値上がり率や取引の出来高が多い銘柄を研究するのも株の楽しみのひとつです。

株式投資は市場が狭いミクロ経済である

長年取引をしいると稀に株価が10倍、20倍まで上がる銘柄があります。

今、誰でも知っている会社の株価も10年前、20年前の株価を見るとかなり価値が上がっていますことが分かります。

本当に株価が100倍になっている会社もあるというのが株式投資の夢がある部分でしょう。

配当金や優待も楽しみの一つ

配当金や株式優待も銘柄にもよりますが年に1~2回受けとることができます。

資産運用として配当金狙いで株式投資を行うこともできますし、また、株式優待を選ぶのも株式投資のひとつの楽しみです。

配当金とは別に株式優待の商品券でお買い物をしたり、良くいくお店の会社の株式優待でお徳に買い物や良くいく飲食店の本体の会社の株を買ってみるというような楽しみが株式取引にはあります。

様々な投資スタイルがある

夜間取引というのものもありますし、株式投資の注文方法も多岐にわたりますから朝、注文を出して夕方に株価をチェックするだけという個人投資家もいます。

また銘柄選びや株価のチェックは週末だけ、といった投資スタイルもあり自分のライフスタイルにあった資産運用ができるのが株式取引のメリットであります。

PageTop