株式投資初心者の銘柄選びから売り時、買い時まで

株式投資は、資産運用のひとつの方法です。株式投資と聞くと一見難しそうに聞こえるかもしれませんがそんなことはありません。

今ではインターネットで証券会社に口座を簡単に作ることが出来るようになり以前よりもハードルが低くなったといえます。

筆者もインターネット証券で株式投資の口座を作ることで、初めて投資を始めたクチのひとりです。

株初心者の銘柄選び

はじめは、沢山ある銘柄の中からどれを選ぶのか?で悩む事でしょう

上場している株式会社はとても多いですし、証券市場も、東証一部、東証二部、マザーズ、ジャスダックなどいろいろあります。

銘柄を選ぶ時のポイント

  • 好きな会社かどうか
  • 配当の額と株主優待の有無

初心者の方が投資する場合はこの2点で銘柄を決めるのがいいでしょう

特に、株主優待を優先して選ぶとよいでしょう

理由は、他にも同じ理由で選んでいる人がたくさんいるので優待月が近づけば株価が上がってくると予想しやすいからです

もちろん、直前に購入しても上がり幅が小さく、優待確定後の下落で損してしまう可能性が高いので、4ヶ月くらい前からタイミングを見計らって購入するとよいでしょう

もし、株主優待にいいものが見つからない場合は、配当金が高い銘柄を選ぶようにしましょう

配当金は、株価の3%くらいの所が多いので、それ以上もらえるなら狙いだと思っています。

株価は上がったり下がったりしますが、その会社に貯金していると思えば、今の預金利率を考えれば、3%でもとても配当率が高いといえるでしょう。

株とギャンブルの違い

もちろん、株価が下がって赤字になる可能性はあります。

ただ、株とギャンブルの違いは赤字になっても年末の税金で相殺出来るという利点があります。

売り買いのタイミング

私の場合は株を売るタイミングとして、株価が10%上がった時、もしくは10%下がったときとしています。他には株主優待が確定したタイミングです。

これには特に根拠はありませんが自分で作ったルールです。

株価が10%あがったとき、売るのはとても難しいです。そして、それは下がったときも同じです。もっと上がるかもしれないと思ってしまうからです

ですが自分で設定したルールで投資を行なうことが、失敗しないコツです

PageTop